読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりぶろ

アプリのUIとかについて書いてく予定

UI Design Advent Calendar #11 『小ネタ:Apple製で唯一スライドメニューを使っているアプリ』

この記事は UI Design Advent Calendar に参加しています。

#1 『POP』

#2 『UIデザインとワーディング』

#3 『さまざまなOSのデザインガイドラインまとめ』

#4 『UIデザインについての効率良い情報収集』

#5 『AndroidデザイナーのためのiPhoneアプリ』

#6 『App Store Marketing Guidelines』

#7 『Photoshopを使ってデザインカンプからちょっと便利なアニメーションを作る

#8 『コスパを重視した、モバイルアプリ(サイト)のデザイン制作フロー

  ↑記事を書いてくださった方がいらっしゃいました!ありがとうございます!

#9 『ターゲットサイズについて

#10 『今だからこそ覚えておきたい、4インチ未対応の素敵なiPhoneアプリ

========================================

今日は誰の得にもならない小ネタです!

 

iOSの標準UIにある「リストアイコン」ですが、Apple謹製のアプリではモーダルウィンドウがせり上がってくるのが基本的な使われ方です。

f:id:ryo_pan:20131211215537j:plain

左からApp Store、ミュージック、iTunes Store

画面の右上端にあるのがリストアイコン。タップすると

 

f:id:ryo_pan:20131211215622j:plain

こんな感じにモーダルウィンドウがせり上がってきます。

特にレイアウトは統一されていませんが、Apple的にはその名の通り「リスト画面へ遷移させるためのアイコン」として使われています。

しかーし!ですよ。この三本線、今や他のUIのためのアイコンとして使われることが常となってしまいました。

それはスライドメニュー。またはNavigationDrawer。 昔のFacebookとか、最近のAndroidでお馴染みですね。

余談ですが、三本線アイコンは通の間ではハンバーガーボタンという俗称で呼ばれています。

最近スマホアプリで使われる三本線、アレ巷ではHamburger Buttonって呼ばれてるらしいですよ、奥さん - よりぶろ

 

Appleさんは紛らわしいと思ってないのかな?さすがにサードパーティ発の流行になんか乗れないってか?でもアナタ色んなUI他所から持ってきますよね…それにスライドメニューだって「リスト」だし。実は使ってたりするんじゃないの?

というわけで調べてみると、実は1つだけ、スライドメニューっぽい挙動をこのアイコンに当てているアプリがあります。

iPhoneを探す』です。

iPhoneを探す

iPhoneを探す

  • Apple
  • ユーティリティ
  • 無料

 

どこで使われているかと言いますと、ログインした後の画面のNavigationBar左にある「ヘルプ」をタップした後になります。その先には……

f:id:ryo_pan:20131211220326j:plain

あ、あったーーーーーーーー

 

紛うことなきスライドメニューの挙動です。ぶっちゃけ画面の動く向きが変わっただけだよね

まあ実際のところは、WebViewなので仕方なしにとかそんな感じなんでしょうかね。

ちなみに最近追加された動きというわけでもなく、前々からありました。

f:id:ryo_pan:20131211220626p:plain

 なおiPad版はいま手元にないので確認できませんでした。

 

というわけで、Appleもスライドメニューを使っていました、という小ネタでした。