読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりぶろ

アプリのUIとかについて書いてく予定

UI Design Advent Calendar #3 『さまざまなOSのデザインガイドラインまとめ』

#1 『POP』

#2 『UIデザインとワーディング』

==============================

3日目にして早くもネタ切れ臭のするタイトルがやってきました。

まあガイドラインは読み物としても面白いので、まだ読んだことない、という方はこの機会にぜひ読んでみてください。

 

iOS

言わずもがなのiOSです。

iOS 7に対応したヒューマンインターフェイスガイドライン、通称HIGもちゃんと日本語化しています。

iOS 7とは何ぞや的なことが最初に追記されているので、まずはそこを読んでみるといいのかなと思います。

 

Android

こちらも有名ですね。最近4.4の項目が追加されました。

ブランドについてとか、NavigationDrawerについてあたりですかね。

ひとつ前のバージョンですが、日本語に訳されている方がいらっしゃいますので、英語苦手な方はこちらを。

Android デザインを訳してみた - Firespeed

 

Windows Phone

相変わらず見る気を削がれるデザインです笑

基本原則とかはすっ飛ばしてもいいや、という方にはデザインライブラリがおすすめです。

 

Windows 8.1

実は8.1になってガイドラインのページが少し新しくなりました。内容が全体的に変わった項目(例:モダンデザインについて)もあれば、全く変わってないものもあります。

オススメは、機能・デザインについての解説が見れるUXガイドラインアイデアブックギャラリーです。

 

Firefox OS

日本でも少しずつ知名度が増してきたFxOSのガイドラインは、上記の他にmozilla Style guideというページにも存在しています。

後者のほうがシンプルにまとめられていて読みやすいですね。もっと深く知りたい方は、1つ目のガイドラインを読んでみるといいんじゃないかと思います。

ちなみに、FxOSにもちゃんと独自のシステムフォントが用意されています。FF Metaをベースとしているらしく、なかなかマニアックなフォントです。

自由にダウンロードして使えるFirefox OSのオープンソースフォント“Fira Sans” - フォントブログ

 

BlackBerry 10

残念ながら日本では未発売のBB10ですが、さすがにガイドラインはしっかりしています。

プロトタイピングについての項目があるのが面白いですね。BB 10、個人的に大好きなので日本でも発売してほしいんですけどねぇ。。

 

Tizen

まだまだ開発者は少なそうなTizenですが、ちゃんと日本語のガイドラインが存在しています。

日本語で書かれているガイドラインは他にiOSとWindowsくらいですので、読み比べてみるのも面白いです。

(久しぶりに覗いたらいくつかのページのリンクが無効になってた。。)

 

Sailfish

ちょっとマニアックですが、かつてMeeGoと呼ばれたOSをもとにしたのがSailfish OSです。最近、やっとこさこいつを搭載した端末が出るというニュースがありましたね。

ああ、そういえばこの頃に出すって言ってたね…と、もはや記憶の彼方の存在ではありますが、知っておいて損はないと思います。

ただ、悲しいかなガイドラインとしての情報量は少なめです。

 

Nokia Asha

これまたマニアックですが、Nokiaが出している低価格ラインの端末「Asha」シリーズのデザインガイドラインです。

ちなみにAsha 501という機種を以前レビューしました

サイドメニューを見る通り、かなり気合が入っていることが伺えます。改めて読みなおしてみたけど、濃いな…!

Asha、実際に触ってみるとそんじょそこらのOSよりよっぽど使いやすいので、これもぜひ日本で…!端末ポップで可愛いから、若年層や女性にはウケると思うんだよなあ。

 

Google Glass

Google Glassにも、すでにデザインガイドラインは存在しています。

例えばカードのレイアウトについてだったり、設計パターンについての記述があります。

手元に来るにはもうちょっと未来のデバイスですが、ガイドラインを先に読んでおくことで先行して妄想ができます。

 

 

というわけで、苦し紛れに色んなガイドラインをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか。意外と知らないOSも入っていたんじゃないですかね。

まあ普段使うのってiPhoneAndroidくらいだし、モバイルOSの設計原則なんて大抵似たり寄ったりではあるので、別に全部読破する必要もありませんが、やはり読んでみると面白いです。

特にGoogle Glassなんかは、これから来るデバイスですので、予習と勉強を兼ねて読んでみると良いと思います!