読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりぶろ

アプリのUIとかについて書いてく予定

NANOHAで撮る高倍率撮影がめっちゃ楽しいという話

カメラ

f:id:ryo_pan:20150107225832j:plain

最近カメラの記事しか書いていないのはきっとの気のせいです。

 

最近メイン機材をD800からα7 IIに変えまして。

小さいは正義!とか実家で眠ってたCONTAX Gマウント大活躍!とか楽しく遊んでいます。

そしてそして、Eマウントの機材を買ったら一緒に買おうと思っていたのが、安原製作所のNANOHA。

 

NANOHAとは

安原製作所/NANOHA

最大5倍の高倍率撮影ができるレンズです。Eマウントとm43マウントに対応しているので僕はどっち買っても大丈夫なのですが、せっかくα7 II買ったのでEマウントにしました。

ちなみに製品仕様としてはAPS-Cサイズのセンサーに最適化されていますが、フルフレームの状態でもケラレはなく普通に使えました。

 

適当に撮った写真とか

せっかくなので被写体は一番最後に記載します。何を撮ったんだろう?と楽しく妄想しながら見てみてください。

 

f:id:ryo_pan:20150107230722j:plain

f:id:ryo_pan:20150107231213j:plain

f:id:ryo_pan:20150107234132j:plain

f:id:ryo_pan:20150107235553j:plain

f:id:ryo_pan:20150108000541j:plain

f:id:ryo_pan:20150108000711j:plain

 

 

答え合わせ:

1枚目:ふきん

2枚目:緩衝材のスポンジ

3枚目:たんぽぽの綿毛

4枚目:iPhone 5の背面のAppleロゴ

5枚目:LEDのフチ

6枚目:ネジ

 

ネジの写真だけ、後ろからiPhoneのライトで照らしているのでライブ中の矢沢永吉みたいになっています(超偏見)。

 

使ってみて

NANOHA、高倍率の写真が面白いっていうのはもちろんあるのですが、それ以上に「いま家の中にあるものを片っ端から撮ろう」という気持ちになり、忘れかけていたモノを思い出すという感情が起きたのが自分ごとながら面白かったです。写真を撮る体験から、忘れていたものを思い出す、自分の生活空間を改めて見てみるという体験に繋がるとは思いませんでした。

被写体ブレ・カメラブレ厳禁なので外で使うにはなかなか難しいですが、外にも積極的に持って行こうと思います。フロントキャップが付いていないのがちと残念かな。

あと、当たり前っちゃ当たり前の話ですがα7 IIは動画も撮れるので普段見れないような動画が撮れたりもできます。

この動画がめちゃめちゃかっこいいので見るべし。 

 

ちなみに安原製作所さんは他にも全集魚眼レンズのMADOKAやソフトフォーカスレンズMOMOを制作していらっしゃいます。

NANOHA…MADOKA…MOMO……色々言いたいことはありますが、ここは敢えて1つだけ言わせてください。

 

 

なのは完売NANOHA 5倍!(これが言いたいがためだけに記事書いた)