読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よりぶろ

アプリのUIとかについて書いてく予定

スマホアプリデザイナーひとりAdvent Calendar #18 /Windows Store Apps/ TopGear News

昨日は会社の忘年会で記事が書けず、今日はGジェネが楽しくて引っ越しの前準備で遅くなり…

 

というわけで17回目はお久しぶりのWindows ストア アプリのご紹介。

 

Top Gear News

 有名な車番組、Top Gearのニュースアプリです。

このアプリについて書かれた記事があるのですが、どうやら開発からストアにアップされるまで6週間ほどだったそうです。

そのためか、このアプリにはSemantic ZoomもなければApp Barもありません。Windows ストア アプリの売りは少ないように感じますが、今日ご紹介した理由は主に2つあります。

 

1つは、例え機能が少なくとも、デザインの面でちゃんと「どのようなデザインなら自分たちらしさが出て、ユーザーに楽しんでもらえるか」が考えられていること、もう1つは広告の入れ込み方です。

 

表面のお話

やはり、残念ながらSemantic ZoomやApp Barのないアプリからは魅力があまり出ていません。でも、Top Gear Newsは階層を浅くすることで(TOPと記事詳細のみ)、なくてもま、いっかとギリギリ思えてしまいます。

また他のアプリにはない力強いグラフィックが、弱点をカバーしています。

 上図は詳細画面です。画像は横スクロールで切り替わるため、ページ全体をスクロールさせるマージンを設ける必要があります。そこにグラフィックを配することで、うまく画面が間延びしないように工夫されています。また、ファーストビューで右側に記事が少しだけ見えてるのも、画面が横に続いてることをユーザーに伝えています。

Webサイトにはないカラフルでクールなグラフィックは、ユーザー層にぴったりだと思います。

 

広告

もう1つうまいなと思ったのが、広告の見せ方。

 ちゃんとWindows ストア アプリの広告のガイドラインに沿ったものを表示しています。

うまくはまっていて、いい例だと思います。

 

ちなみに、広告のガイドラインには「広告はアプリに馴染むように」という記載があるのですが、初めて知った人からはあまり受け入れられていないように思います。

広告をアプリの中に馴染むようにしちゃったらユーザーは混乱しちゃうんじゃない?と。

マイクロソフト的には、ブラウザに行かないし広告がリッチだから大丈夫だよ!と思っているのかもしれませんが、今後の動向次第では変わっちゃったりするんですかねぇ。

個人的には、あまり好きではないです。まあそれでも、いらん広告ばかりが出てくる他のOSに比べたら、ある意味マシなのかもしれませんが、、 

 

 

ぜひ次のアップデートでSemantic ZoomやApp Barにも対応して頂きたいですね。

** *

Windows ストア アプリに広告を入れようと思っている方は以下の資料が役に立つと思います。

広告のガイドライン

新モデルで儲ける!Microsoft Advertising によるアプリ内広告

Windows ストア から Metro スタイル アプリを配布する